企業も納得する求人広告

企業が転職サイトを利用して人一人を採用するのに、現在では百万円程度の費用がかかります。

費用が高騰することは掲載をする企業の数が伸び悩むことにつながります。

それに対して転職媒体側も掲載しやすいような工夫をしている現状を書いていきます。

000042

◯期限を区切らない求人広告

企業の採用が決まるまでは無期限で求人広告を出せるサイトがあります。

一般的な求人サイトでは掲載の期限が決められていて、採用か否かにかかわらず高い費用がかかることが多いです。

企業としてはこれでは結果的に損をするだけなので、そうさせないために新たに打ち出された戦略が採用までの無期限の求人広告です。

長期掲載だけでも企業にとって利益がありますが、中身の文言の変更が出来るのはプラスに働きます。

基本的に広告掲載開始以降応募や問い合わせが多いのは2週間以内までです。

それを過ぎると応募は明らかに減りますが、文言を修正してWEB上でよりアピールする形に変えることで新鮮さを保つことが出来ます。

ただし長期掲載は効果的であるといっても掲載の最初期に応募者の心をつかむことが重要です。

最初に応募を集められるようなWEB上の求人広告の準備を進めましょう。

088039

◯成立した時にのみ払うことになる求人広告

転職サイトの中には契約が成立した時に費用を払う、出来高制を採用しているものもあります。

これも企業側ばかりが高い費用を払っているという不公平感を減らし、自分たちの転職サイトをより利用してもらうための戦略です。

企業は採用に高い費用を払うと人件費を抑えようとしがちです。

そうなると給料が上がらないのであれば働き手は転職を考えます。

すると企業は採用にまた高い費用がかかるという悪循環を迎えてしまいます。

そうなると転職サイトだけが儲かることになりそうですが、そこで企業側の不満を和らげることがビジネスチャンスにつながります。

出来高制もその対応策のひとつとして考え出されたものです。

◯お金をかけて出来るだけ企業の魅力をアピールする求人広告

一方求人広告を圧倒的に派手にして応募者を呼び込むという方法もとられています。

具体的には、ランディングページを作成する/動画を挿入する/社員のインタビューを掲載するという施策の実施です。これらの施策を行うと求人広告が非常に派手かつ明るくなり、応募者の気を惹けることは間違いありません。

この場合は文章を書く/取材を受けて動画とテキストに対応する/自社製品の効果的な宣伝のなど、募集をかける企業にやらなければならないことが増えます。

特に現在サイトの顔となりつつあるLPサイトの作成にはどの企業も力を入れています。

こういった求人広告による宣伝を派手にして応募者を増やすというのも、企業側の求職者に対する有効なアピールだといえるでしょう。